走りの違い

トラックと乗用車の違いというのは見てもすぐにわかる程違いますよね。
まず一つに大きさがあります。
トラックと乗用車では圧倒的に大きさが違います。
ほとんどの場合がトラックのほうが大きいですよね。
次に形です。
乗用車というのは乗り心地優先で作られているため形も乗りやすいように作られています。
逆にトラックの場合では荷物などをしっかりと乗せることができるように作られているのが大きな特徴になっているのです。

 

このように見た目だけでも大きな違いがある乗用車とトラックですが、他にも走りなどに違いがあるのです。
なぜ走りに違いが出て来るのかと言えばエンジンの違いです。
トラックと乗用車ではエンジンが変わってきます。
理由としてはトラックのほうが重いものを乗せて走るからです。
トラックは何トンもの荷物を乗せて走る場合がほとんどです。
通常のエンジンでは持たないことが多くトラックにはより強いエンジンを積んでいることが多いのです。
そのため走りなどに違いが出て来るというわけです。
見た目だけではなく実際に走った時にもトラックと乗用車では大きな違いがあるのです。
他にも免許が違ったり、パーツが違ったりと細かな違いがあるのも特徴です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク