長さの違い

乗用車とトラックの大きな違いと言われてまず思いつくことと言えば見た目の違いではないでしょうか。
乗用車とトラックの見た目の違いというのは多くありますが、なかでも気になるのは長さの違いだと思います。
乗用車よりもトラックのほうが長いといった特徴があるのです。

 

通常の乗用車というのは4メートル程の長さです。
場合によっては4メートル行かないこともあります。
しかし、トラックの場合は8メートルもの長さがあるのです。
つまり、トラックというのは通常の車の2台分の長さということになるのです。
もちろんこれは一般的なトラックですが、トレーラーなどの場合はさら長く12メートルほどの長さになる場合もあります。
トラックの長さというのは車2台から3台分の長さになるというわけです。
これを見て分かるとおり乗用車とトラックでは全く違ったものになるというが分かりますよね。

 

もちろん違うのは長さだけではありません。
長さが違えば当然重さなども変わってきます。
細かなパーツなども違ってくるのです。
さらには免許なども普通免許だけでは運転できないといった特徴もあります。
こういったトラックと乗用車の違いをしっかりと憶えておくようにしておくといいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク