ボディの違い

普段から私たちが利用している車というのは乗用車と呼ばれる車です。
これはその名の通り乗るために作られた車なので、より乗り心地がいいように作られていて乗る場所は広くスペースがあるのが大きな特徴です。
では乗用車以外の車はどういった特徴を持っているのでしょうか。

 

乗用車以外の車で有名なのはトラックではないでしょうか。
トラックは荷物を運ぶ車として作られている車ですが、どのように違うのでしょうか。
乗用車とトラックで大きく違ってくる部分といったらやはりなんと言ってもボディではないでしょうか。
トラックと乗用車では使い方というのがそもそも違ってきます。
用途が違えばその分形も変わってくるのです。
それを大きく表した部分がボディというわけです。

 

特にボディで違う部分は大きさです。
トラックはより大きく荷物をしっかりと運べるように作られていますが、乗用車の場合はコンパクトに作られていることがほとんどです。
細かなパーツなどの違いもあり、強度なども少しずつ変わってくるのが特徴です。
このようにトラックと乗用車というのは見てすぐにわかる部分はもちろんのこと見えない細部の部分まで違ったものになっているというのが特徴になっているのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク