「下取り」と「買取」の違い

車を売りに出すとき、査定額がどうやって決まるのか気になる方もいるでしょう。そこで査定額決定のしくみについていくつか説明したいと思います。まず新車購入のとき同時に車を下取りに出すという場合、あまり知られていないことですが、カーディーラーは 一般財団法人 日本自動車査定協会 が発行しているイエローブックなどの査定用ガイドブックを参考に査定額を決めます。日々価格が変動している車 相場を参考にしているわけではないので、人気のある車でもない車でも公平に査定額が出るようなしくみになっています。ディーラーにとっては車 相場を参考にすることは必ずしも自社にとって有利ではないからです。ところが、中古車専門店になると中古車オークションなどと連携することにより、多くの中古車情報を得て、その金額を参考に査定を出すようなしくみになっています。また、ディーラーと違って在庫を抱えずに連携してるオークションに直接出品することで、在庫コストの削減に努めている業者が多いです。こういった流通システムを採用することで、高価買取を実現できているのです。また、多くの中古車専門店の買取査定は、インターネットでおおよその査定金額を検索することもできます。こういった点が、厳格に決められた1冊の本を参考にする「下取り」と車 相場を元に査定額を算出する「買取」の最大の違いといってもいいでしょう。この他、中古車専門店は利用者の車の状態を隅々までチェックして査定額に反映してくれます。ただし、修復歴のある車などはお店によっては買取を拒否しているところもあるのでご注意を。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク