業者ごとに査定額が違うのはなぜ?

今乗っている車を売りに出すことになった時必ず下取りを行うことになるかと思いますが、車の査定額は買取業者によって大きく変化します。基本的には買取相場を基準としていますが、時には買取相場よりもずっと低い査定額になることもあれば、逆に買取相場ではそれほど高くは無い車でも高い査定額を提示してくれる業者があったりと調べてみると結構な違いで出てきます。なので買取を検討しているのであれば出来る限り多くの業者に査定を依頼するのが非常に大切になってくるわけですが、そもそも各業者ごとに査定額がそれほど変化する理由とは何なのでしょうか。

車の査定額が変わる理由は色々ありますが、多くの人は車の傷やシートの汚れといった車そのものの問題に目を向けがちです。確かにそれらも重要ですが意外と見逃してしまいがちなのが各業者の状況です。車の買取業者はそれぞれ顧客や販売ルートが異なるのでそれにあっていない車は査定額が下がりがちです。例えば軽自動車を多く売れる販売ルートを持っている業者では大型車は積極的に取り扱わなかったり、海外に顧客を多く抱えている業者では他の業者では扱わない車に高い査定額をつけることもあるそうです。車を売るときは車だけでなく業者そのものにも目を向けるようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク